UB1216タイプ:バスリフレッシュ施工

 
HOME

このUB塗装をしてある分は、下地処理もまともにしないで塗装をした結果である。
このような状況では、すべて旧塗膜を剥ぎ取って、新規からやり直しをしなければならない。
また、旧塗膜が溝や隙間に入り込んでいるものもすべて研磨し、既存のFRPのみにして、再生
をする。

今回、当時の施工代は安価なものであるに違いないが、最終的にこのような結果になっては、
コストがかなり掛かってしまう。
安物買いの銭失い・・・・・